FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりにひどい夢を見た

昨日、楽しくお友達と飲んできたのに、ひどい夢を見て、飛び起きてしまった。

会社で、お局様に無理難題を押し付けられて、それでも必死こいて結果を作り、それを見せたら
けちょんけちょんにけなされて、罵倒され、「あなたはなんでそんなに分からないの?」などと
言われ、周りからは大笑いされる・・・。

まさに、やられていたことを多少誇張しただけの、「実際にあってもおかしくない夢」だ。

殆ど、パニックを起こしながら目を覚ました。
会社に、今は行かなくていいんだ。
会わなくて、いいんだ。
これは、ただの夢だ。

それを繰り返し繰り返し、自分の中で反芻しないと、ベッドから起きられないような夢。

・・・久しぶりだ。

実は、先日の通院日に、「薬を少しでも減らしたい」という要望を出し、眠剤の中の安定剤の一つを
今は減らしている。
その影響、なのだろうか。
やはりまだ減薬には早かったのかな・・・・と、思ってしまった。



でも!!
ここまで来てしまったんだ、私は出来ることをやっていくしかない。
会社との全面戦争。
どうにかして自活すること。
稼ぐこと。

それをやっていくしか、今の私には残っていない。

そして、同じように苦しんでいる人も、この広い世界には多いと思う。
子供の世界にあれだけいじめが蔓延しているんだ。私は、ほぼ100%の確率で、「いじめる子の親も
人をいじめる人間である」と思っている。
自分もいじめられて育った人間である。子供のころから、いじめにはあっている。
親の体質が「いじめ体質」でなければ、性善説を取っている私としては、「何の知識もない子供が、
そのままいじめ体質になるはずはない」と思っている。

だから、今日から、固定で「何とかして自活する術」を案内していきたいと思う。

正直、登録サイトから偶然拾ってきたものなのだが、私はこの中にもしかしたら成功できるものがあるのかも
しれない、という一縷の希望を持っている。
そう、詐欺商材も出回っている中で、私は現在3つの副業に手を出している。
でも、その中の2つはすごくよいものだった。
精神的にも私にいい影響を与えてくれて、そして少ないながらも、ちょっとだけ収入化されてきている。

紹介するのは、すべて最初は無料のメルマガ。
読んでも読まなくても、すべて無料。
その中で、私のように苦しんでいる人が、そのメルマガを読むことで、「この人についていっていいのか」、
ということを個人で判断してもらいたいと思う。

おそらく(ほぼ確実に)肝心な部分は、お金を払わないと分からないと思う。
そうじゃないと、こうやって稼ぐ情報を公開している側も、採算がとれないからだ。
無料でボランティアで「肝になる情報」までくれる人はいない。
だからこそ、メルマガを読み、あなた自身で判断していってほしいと思う。
私には合っているけど、あなたには合わない、というものもあるだろう。
逆に、私には合わないけど、あなたには合う、というものもあるだろう。

それでも、多数のメルマガなどに登録しておくと、「その人の友達」などから新しいメルマガなどが
紹介され、いわゆる「ネットビジネス」の情報がいろいろ手に入ってくる。
なので、私は出来るだけたくさん、色んな情報を見て、それからどれにお金を払うか、それとも全く
払わないで止めてしまうか、考えてほしいと思う。

今日のこの記事が、2013年、多分最後の記事。
明日からは2014年の始まりだ。
皆さんの新しい夜明けに、幸あらんことを。

http://1000se.biz/item/50858/3231/
【○○アフィリエイト】1日3分から実践可能! 誰でも短期間で手軽に稼げる方法とは!?


http://bit.ly/1hQbXAh
不思議な貯金箱


ネットビジネスのスーパースターたち6人が
初心者が最短で月収10万円を稼ぐ方法を完全公開しています。
もし、あなたが
より確実に、より最短で、“安定収入10万円”を稼ぎたいのなら
いますぐ確認することをお勧めします。
⇒http://123direct.info/tracking/af/1105064/Zw7IAvdz/


あなたが最高の2014年を迎えるためには、
いずれも見ておくべき内容ばかりです。
「健康」は最高の資産になると思います。
自分自身は元より、大切な家族を
守るためにも見ておいた方がいいですね。
井口晃氏とジョーンズ博士から
日本の医療システムに緊急提言
⇒http://123direct.info/tracking/af/1105064/9GIg1TF3/


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体

さぁ、そろそろヤバいぞ

今日は12月30日。
今日を入れて、後2日で2013年も終わり、ということですね。

昨日、出かけついでに銀行の通帳記入に行ったら、次のローンの支払いと、カードの支払で
そろそろ全財産がゼロになりそうな気配です。
さて、次は保険を解約するか、元亭主にもらった婚約指輪を売るか、になってきました。

私は今、アマゾンや各種オークションサイトで商売をしていますが、まだまだ仕入れが足りないので、
全然オーダーが足りません。
安いものから売れていく(当たり前か)ので、オーダー数としては「やった!」という感じですが、
入金額から経費を抜いて純利益を出すと、まぁ、数千円というところでしょうか。

・・・さてと、消費者金融もカード作れないみたいだし(2社断られた)、いよいよちょっと
状況も詰んできました。苦笑

でも、そんな中、昨日は某国からの直輸入、私が独占輸入権を持つ、という商談に行ってきました。
資金力がないので大量在庫は持てないこと、日本人が好みそうなもののこと、そういったことを
話し、実際にアマゾンでどれだけ類似商品が売れているか、そんなものもお見せしつつ、商談です。

久しぶりに、あービジネスしたなーという感じです。

私は今、躁鬱転換したんじゃないか、と思うほど、外にいる間と家にいる間で性格が違うようです。
外では躁、家では完全鬱です。
鬱でも、何とかPC作業は出来ているので、何とか仕事はしてるんですけどね。

年末年始も私には関係なし!!

後は、いかにお金を素早く稼ぐか、です。
人世、詰んでからが勝負。
頑張ります。

お正月の間にアマゾンでお買い物をされる方は、「にゃんこ堂Online」をよろしくお願いします!<宣伝

今は屋号は私の生きがいである猫から、ちょっとふざけた名前にしていますが、もしうまく行って
法人化したら、真面目な名前にする予定です。

明日もちゃんとブログ、書きますし、実家にも帰らないので元旦も書きますよ。
皆さん、今日も良い日を過ごしてください。

http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%E3%81%AB%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%93%E5%A0%82Online

↑こちらがアマゾンでの出品店舗になります!
1円でいいので、本買ってもらえると嬉しいな(^^)



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

毎日一つ、出来ること

最近、私はブログの読者さんと仲良くなって、個人的にメッセージのやり取りをしている。
その人は、私と似たような境遇で、すごく親近感を持ってブログを読んでくれていていて、
ブログから力をもらった、と、今、少しずつ「頭と精神的な」リハビリを始めてくれている。

すごく、嬉しい。

こうして私がブログを書いている意味は、最初は「自分の心」をどこにも伝える術がなかったので、
それを吐露するためだった。
でも、途中から変わってきた。
「一人でもいいから、同じ境遇だったり、同じ疾患だったりする人の力になれれば」
と思って書いてきた。

今、少なくとも一人、それを実現できたんだなぁ、と思って、すごく嬉しいのである。

2013年。
残りわずかだけれど、私は多くのものを失った。
金銭的にもそうだし、キャリア的にも、そして社会的立場としても。

2014年。
私は別の道でそれを取り戻せないか。
同じものは要らない。「今のままの私で出来ること」で取り戻せないか、と思っている。

もし、他にも私のブログで「何かちょっとでもいいから」自分が変わった、とか、少しだけ
周りが見えてきた、とかいう人がいたら、がんがん連絡を下さい。

私には、ちょっとした計画があります。
それは、そういう人たちと一緒にしたいことです。
だから、メッセージを一度だけでも鍵付きで送ってくれれば、私は自分のメルアドも、LINE IDも、
使えるのならスカイプも、開示します。

連絡、お待ちしています。

そして、ちょっとでも自分が変わってきた、という人。
最初は焦ってしまって、動きすぎて翌日寝込んだ、とか、色んなトラブルが出てくると思います。
でも負けないでほしい。

毎日一つ、何かする。
これだけでも一歩、一歩と進めます。
そして、精神疾患を持っている人が「前に進む」というのは、すごく大きいことです。
反動も来ます。
私自身が、この3か月でそれを体験してきました。

何か一個したら、がくっと疲れてしまうかもしれません。
その時は、一日を二つに分けて、「午前中一個何かしたら、午後、お昼ご飯を食べたら一度寝る」とか、
そういう工夫をしてみるといいと思います。
私も、しばらく「午前中、ブログ書いてそして何か一個片づけたり、住所変更したり、ということを
したら昼から夕方まで寝てました。
そして夕方に起きだして、夜またPCに向かっていました。

疲れたら、寝る。
でも、動ける時は、動いてみる。
これだけでもすごく違うと思います。
ベッドの上で、落ち込みながら見る空と、起き上がって、窓から見る空は違うんです。

一歩ずつ、一つずつ、無理のない範囲で進んでいきましょう。
自分を進ませることが出来るのは、自分だけだと信じて。

【送料無料】自分の力で輝く [ 西園寺真妃 ]

【送料無料】自分の力で輝く [ 西園寺真妃 ]
価格:1,680円(税込、送料込)



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

夢破れても・・・

今日は、ちょっと違う記事を書きたいと思う。

織田信成と安藤美姫が、引退を表明したことに関してだ。
私はスポーツなどはあまり見ないが、フィギュアスケートは何となくつけていることも多かった。
あまり「この人が好き!」というのはないが、見ていてきれいだからだ。

そしてその中で、いつも出場していた選手が引退する、というのはやはり感慨深いものがある。

「織田信長の子孫」ということで名前が先走り、苦労したであろう織田。
2ちゃんねるなどでも散々悪評をたたかれ、それでも母となっても競技を続けた安藤。

私は、この二人に「お疲れ様でした」という言葉をかけたい。

二人は、これからは指導者としての道を歩くのだという。
選手用のスケート靴は脱いでも、やはりまだスケート靴を履き続けるということなんだろうな。

一般的に、スポーツ選手は「全盛期」を、普通のサラリーマン等と比べてかなり早い時期に終える。
年齢的なものがあるからだ。
20代の選手と、30代の選手ではどうしても物質的な「体」が違うので、それはどうしようもないことだろう。

そしてそれは、なんとなくサラリーマン生活を今、どうしようかと考えていて、自分で仕事ができないだろうか、と考えている自分に相通じるものがあるような気がしたのだ。
サラリーマンにも「引退」があってもいいじゃないか、というような。

誰しもが、「新しい生活」「新しい人生」の仕切り直しをすることが出来る。
一つの職業が「もうやれない」と思ったら、別に他の職業をやったって、いいのだ。
それが「方向転換」であろうとも、「進化」であろうとも、「変異」であろうとも。

私も今、人生の転機を迎えているのをひしひしと感じている。
毎日、あがき、もがき、何とかして人生を「別のレール」に乗せようとしている。
そんな私だからこそ、余計に二人の「競技人世の終わり」を感慨深く思うのかもしれない。

二人とも、よく頑張った。よくやった。
今まで、ご苦労様でした!!!
次の新しい人生でも、幸あらんことを。



にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

毎日、毎日、一歩だけ

最近は、私は起きている間はほぼずっと仕事をしている。
テレビはもともと嫌いなので、ほとんど見ない。
どうしてもカツを入れたいときに、録画していた映画とかを流すくらいだ。
もっぱら、音楽を聴いているけれど、やはり集中力がそがれるので、あまり聞かない日もある。

メールチェック、アンケート回答、クリックで1ポイントゲット。
それを随時やっているだけでも、相当な時間がかかる。
それでも、そうやって行っているだけで、ちょっとずつポイントがたまっていくのが嬉しい。
また、「そろそろこれ買わなくちゃ・・・」と思っていたものが、ポイントゲットの対象になっていたら、
率先してポイントサイトから購入している。
どうせ買わなくちゃいけないのなら、お金を流してしまうより、ポイントバックがある方が絶対にいい。
ファンデーション。スキンケア。
日常用品。

そんなものも、案外ポイントサイトにあるから重宝している。
私が普通の金額で買うのは、食品とペット用品と、100円ショップのでいいや、と思っているものくらいかな。

そして他の時間はネット起業のために使っているが、それも3種類同時にやっているので、もうそれだけで
一日は終わる。

ただ、それが嬉しいらしいのが猫である。笑
ずっと私が座っているので、ずっと私の膝にのっていられるからだ。
夕方ごろから足が痛くなってくるので、その後はクッションに移動させるのだが、それでも鳴きながら
こられると、痛みに耐えながら膝に乗せていることになる。

でも、猫的には幸せなんだろうし、私が今、幸せにしてあげられる対象ってこの子達だけだから、
これは耐えなくちゃいけないんだろうな。

鬱病の患者の方の中には、PCは使ってないけど、スマホは見ている。
という人も多いと思う。
アンケートサイトの中にはスマホ対応のものもあるので、初期登録だけはPCでしなければいけないの
かもしれないけど、その後の回答はスマホからすれば、少しずつポイントはたまっていくと思う。

みんな、足を止めてしまわないで、毎日一歩だけでいいから、足を踏み出してほしいな、と
最近の私は切に願っている。

例えば、コンビニに買い物に行けた。
例えば、アンケートサイトに登録出来た。
例えば、なんとなく距離を置いていた友達にメールをすることが出来た。

なんでもいいんだ。
一歩、踏み出せれば。

引っ越しをしたことで、私は10月、一気にいろいろなことをしなくちゃいけなかったのだが、毎日その
精神的負担は大きかった。
転居届、免許証の変更、車のナンバー変更。電話の開通。住所の変更・・・。
住所変更はまだまだ終わっていないけれど、もうここまで来たら焦らずに、一個ずつやっていこうと
思っている。

自分でも、「新しいことをする」ということが、うつ病患者にどれだけ精神的負担をかけるかは、
自己体験しているので分かっているつもりだ。
でも、それをあえて一歩踏み出す。一個何かをする。
それは、「うつ病で引きこもっている」状態から、自分を回復させるためには大きなステップになる。
一歩踏み出して、疲れ果てると思うので、そのまま寝てしまえばいいのだ。
10分、30分、一歩を踏み出すために時間を使って、そしてその後はベッドに戻ってしまう。

それでいいんだと思う。
その積み重ねが、「うつ病からの生還」のための壁を、少しずつ低くしていくと思っている。

最近、私のブログを読むことですごく元気づけられています、という声をいただいた。
すごく嬉しかった。
私がこうやって書くことで、誰かのためになっていた、というのは本当に嬉しい。
一時期はブログは止めようか、と考えていたこともあったが、続けていてよかった、と本当に思う。
最近はあまりニュースになっていることとか、時事問題、そして皆さんに提供できる情報、という
物を発信できていないが、そこはご容赦願いたい。
本当に他の仕事で手一杯なんです。
その代わり、私には一つ計画していることがありますので、そのうち、来年の夏ごろかなぁ、
記事にすると思います。
自分自身も回復するために、生きていくために、そして皆さんも生きていくために、してみたいことがあります。

私がそれを配信できるくらいになるまで、もうちょっと待っていてください。
でも、ブログは毎日書きますよ!ぼやきかもしれないけどね。笑

とりあえず、皆さんも一歩、一歩と少しずつ足を前に踏み出せることを祈って。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

バーで爆睡

やっちまいました・・・・。
と、しょっぱなからカミングアウト。

やはり一人ぼっちでクリスマス・クリスマスイヴ・大みそか・元旦を過ごすことが分かった時点で、とうとうこらえきれなくなってホストクラブへ。
ただしシャンパンも入れず、おとなしく飲んで盛り上がっていたんですが・・・

24日はホストさんたちが全員サンタになるとブログ見て知っていたので、「正装」の昨日に行きました。
(かっこいい方が好きです)
新人もいつの間にか増えていて、わー、増えたなーって感じになってました。
前の担当ホストさんが飛んだので、次の担当を指名して飲んで。
いつの間にか真剣に仕事の話をしていたりして。
(若い男の子たちがどんな服が好きか、とかリサーチに入ってしまった。笑)
まぁ、2時間ほど楽しんできたんですが、物足りなくなってしまったんですね。行った時間が遅かったから。


で、その後、そのまま行きつけのバーに行って、楽しく飲んでたんです。
新しいカクテル作れるようになったよーとか、そういう話をしたり、じゃあこれ作ってみてよ、とシェーカー振ってもらったり。
最初はカウンター席だったんですね。

そしたら前に会ったことのある、気の合う女の子が来て、ソファ席に移って二人で飲み直し。
彼女がクッキーとか持ってきたのでおすそ分けもらったり、「お腹減ったねー」と出前を頼んだりして、今度は女子会的な盛り上がりで、楽しみました。
そこでつい、昔から好きなマティーニを頼んじゃったんです。
これが敗因だった・・・・。

あ~~~酔ってきた~~~~~となって、ソファ席だったもんだし、女性二人で飲んでたし、もともとお店はオーナーが知り合いのお店だってこともあって、いつもと違って緊張がまるっきりなかったんですね。
で、はい。寝ました。

朝まで。。。

「おーい、いくらなんでも閉店するぞー」と起こされてびっくり。
えっ??ここどこ!?!?
的な。

記憶は飛ばしてないんですが(話してたこととか、誰が来たとか、何を飲んで何を食べたかとか覚えてる)、でも、爆睡しました。起きたらオーナーが毛布をかけていてくれてました。
は、恥ずかしいぞ・・・・!!!!!!
酔っぱらって帰って、そのままベッドに直行したことはありますが、店で寝てしまったのは初めて。
この年になって初めて「やっちゃったぁ!!!!」って感じでした。

ああ、反省・・・・
もう宅飲みはしてないんだし、飲酒量も減ってるんだから、マティーニなんて頼むんじゃなかった・・・。
あれで完全につぶれましたね。

クリスマスが終わった朝の歌舞伎町は、妙に寒々しかったです(><)



にほんブログ村 大人の生活ブログ ホスト日記へ
にほんブログ村

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

クリスマスケーキ

さて、昨日はクリスマスイヴでしたね。
皆さんは、ちょっとでも何かクリスマスっぽいこと、しましたか?

私はまだ部屋も在庫であふれてるし(売る古本が山積み~~)、イマイチ家具の配置とかも決まってないので、今年は諦めて、クリスマスケーキ食べるだけで我慢しました。

ケーキは、当然猫がほしがるので、なんと立って食べる羽目に。笑
ジーンズにぶら下がる二匹の猫・・・。
お、重いです。
そして痛いです。
後で速攻二人とも爪切りました<先に切っとけばよかった。

クリスマスは西洋のお祭りですが、日本独自の「夏至」「冬至」とか、「節分」とかはちゃんと理由があるそうです。
冬至にゆず湯に入るのは、一番日照時間が短い日だから、体を暖かくするため、とか。
江戸時代では、「ちゃんと時節に合わせたことをして、生活をきっちりいつも新しくしていく」ことにも意味があったそうです。

日本人の美徳とされていたものがなくなっている現代。
ちょっと、こういったことを思い出してもいいのかなーとも思ったり。

家族から「来なくていい」と言われてしまった私なので、今日、ヨーカドーに行って一人分のおせちの注文がまだ出来るか、聞いてみようかな、とも思います。
まぁ、お雑煮作るだけでもいっかなーとは思うんですけどね。

クリスマスからお正月まではあっという間。
でも、そんなの関係ねぇ!!!!<ふるっ!
で、私は仕事にいそしみたいと思います。

さて、2014年、幕開けの懐は寒いものになると思いますが、2014年が終わる頃に私がどうなっているのか、それが自分でも楽しみです。
病気に負けたら、そこで負け。
病気であっても、何かしてれば、いや、何もしなくて寝ているだけでも、「負け」を認めてない時点で自分は「勝っている」。
「勝っている」実感がなくとも、「負けてはいない」わけです。

みなさんも、素敵なクリスマスを過ごしてますように。
メリークリスマス!!!



にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

一人っきりのお正月

えーと、昨日はちょっとショックなことがありました。
毎年、お正月のおせち料理、黒豆を煮るのだけは母よりも私の方が得意だったので、私の当番だったのですが、今年どうするのかな?と思って家族に久しぶりに連絡してみたら、「もう家族でのお正月は止めたよ」と・・・。

・・・なんていうんだろう、私が「家族からちょっと距離を置いて、落ち着きたい」と、東京に引っ越したことだけで、家族が崩壊するようなことだろうか?
車で1時間もかからない距離。
電車だって、実家からでも1時間半あればつく。

それでも、私の「独立宣言」は、家族を崩壊させたんだな・・・・と、妙に寂しくもあり、また罪悪感もあり、でも私にも「自分を壊さない」ためにはこの方法しかなかったんだ、ということもあり・・・・。

普通、子供が大人になったら家族を持って、家を出て、仕事をして、と「子供がある程度離れて行ってしまう」のは当たり前のことだと思うし、実際私も結婚していた時期はあったわけだけど、それでもこういう風に今はなってしまうんだな。

病んだ娘はもういらない、ということなのだろうか。
精神病の娘が怖いから、触りたくないのだろうか。

でも、そういうのって一度「うつ病患者を家族に持つ人たちの会」とかに出てみれば、みーーーーーーんな同じ悩みを抱えてるってことが分かるはずなのに、私の両親はそこは考え付かないらしい。
そうかー。
そうなんだな。

ということで、実は今、私は転売ビジネスを始めております。
来年には何とか法人化出来るところまで行きたいと思っています。
なので、元旦には「商売繁盛」を祈願しに、神田明神に行ってみたいと思います。

混んでるだろうな(笑)
でも、どうしても熊手をゲットしたいんだい!!!

「元旦の今日、神田明神はこんなに混んでおります」というニュース映像には、実は私が映ってるかもしれません。笑

さて、クリスマスも正月も関係なく、私は稼ぐぞ!!!!
みんな、負けるなー!!
私、負けるなー!!!
人生、最後に笑ったものが勝ちさ♪



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

テーマ : 自分にできる事から
ジャンル : 心と身体

ちょっとした、お心づけ

皆さんは、「お心づけ」を渡したことがあるのだろうか?
私のブログを読んでくださっている方は、比較的年齢層が高い方のような気がするので、お心づけを渡したことはあると思う。

引っ越しの時、業者さんに「ちょっと何かあったかいものでも飲んでください」とか。
水回り工事に来てもらった時に「帰りに何か飲んで帰ってください」とか。

私も古い人間なのか、それとも親がしているのを見ていたのが刷り込まれているのか、やはり何かお願いした時にはお心づけを渡してしまう。
ふと、最近の若い人はそれってしているのかな?という疑問が沸いた。
あんまり、「お心づけ」って言葉自体を聞かなくなったような気がして。

お心づけ渡し用に、私はちょっと温泉とかに行った時とか、国内旅行をしたとき、雑貨屋さんに行った時などに「ぽち袋」を買ってしまうのだが、ぽち袋がまだ売ってるってことは、やっぱりまだお心づけを渡す人、いるんだよね?<何となく同意をもらいたい。笑

先日も、夜遊びで一つのバーに5時間ほどいて、その間つまらないからバーテンさんとかとおしゃべりをしたわけだが、帰る時にそれだけ長居しちゃったし、相手もさせちゃったしな、と思っておつりをバーテンさん2人に「朝ごはんの足しにでもして」、と言ってそのまま返したら、すごく恐縮されてしまった。
そんなに恐縮されるほどのことでもないのになぁ、と思ったけど、喜んでくれるのは私はすごく嬉しい。

私はバーに行ったりした時、「何か頂いていいですか」と聞かれたら、必ず「どーぞーお好きなものを!」ということにしている。
別に彼らはぼったくろうとしてわざと高いお酒を飲んだりしないことが分かってるから、というのもあるけれど・・・。
(私は知っている人のバーにしか行かないです)
仕事中、彼らはお客さんが「いいよ」と言わない限りは、飲まず食わずで仕事をしなくちゃいけないのが分かっているので、それもかわいそうだと思うし(しゃべってるんだから、喉かわくものね)、一人で飲んでてもつまらないからなんだけど。

でも、そういえば若い子が「いいよー」と言ってるのを聞いたことがないな、と思った。

私も年を取った遊び方をしてるんだなぁ、と気づいたときに妙に考えてしまった。

昔は(このフレーズ自体が年寄りだ!爆)、家の改装などで業者さんが入った時には、10時のおやつ、3時のおやつと、お茶とお菓子を用意させられたものだ。
母が働き始めてからは、大学生だったりした私が、「10時にはこのおやつ、3時にはこのおやつをお出ししてね。お茶とね」と母にしっかり言い含められて、時計を気にしながら一日を過ごしたものである。
業者さんも自分でいろいろ持ってきてはいるので、高校生だったりした私が一丁前に「お茶でもどうぞ」とお盆に載せていろいろ持って行った時に、「お嬢ちゃんもこれ、食べてみるかい?」とどらやきをもらったり、おしゃべりに参加させてもらったり、今、ここのこれをこうしてるんだよ、なんて親分さんのお話を聞いたりしたものである。
(実家は、一度大規模な修繕を入れたことがあったので、結構大がかりだった。)

お心づけとは違うけど・・・そうやって私が渡した中での最高額は、やはり叔母のお葬式の時に来てもらったお坊さんに対してお支払したお布施だろうなぁ。
金額は言えませんが、菩提寺が大きなお寺であることもあって、戒名料も高ければお布施も高い。(お布施は、お寺さんの名前とお布施、ということで標準をググった覚えがある。)

叔母のお葬式は私と姉が取り仕切ったので、喪主ではなかったけれど、生まれて初めて「お葬式の一切合財」の段取りをしたわけだが・・・・大変でした(><)
その時、子供のいない私は誰がお葬式を出してくれるんだろう、無縁仏になっちゃうのかなぁ、とか考えてしまった。
いとこもいないので、一族の中で私が一番の年下。
これから、全員の葬儀を上げて行って、最後に私が死ぬのだろうな。
先に準備しておかないとなぁ・・・なんてことを考えたりもする。

独り者専用の、「ボケたらこの施設に入って、亡くなったら葬儀を取り仕切って、遺言書通りに実行します」っていうサービスがそろそろ出てきてもいいと思うのだが、もうあるんだろうか?

と、話がえらく飛んでしまったが、お心づけ、そんなのもう渡さないよーという人がいたら、渡さなくて気まずくならないかどうか、教えてほしいです。
コメント、お待ちしております!



にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

安定剤、抗鬱剤などで太ってしまうのが怖いあなたへ

鬱病になると、安定剤、抗鬱剤など様々な薬が処方されます。
体の病気ではない分、医師もこの患者にはどの薬が合うのか、というのは、「一般的にはこれが効果がよく出る」とか、そういったことから模索していくしかありません。
でも、一般的には副作用もあまり出ない薬であっても、運悪く、副作用が出てしまう人はいます。

例えば、生理が止まった、吐き気がする、めまいが止まらない。
そして、女性で一番困る副作用が(男性も気にするかもしれませんが)、太ってしまった、ということ。

私も精神状態的には合っていたけれども、食べてる量も増やしてないし、動く量も変わってないのにいきなり3キロ以上体重が増えて、パンツが入らなくなったことがあります。(下着じゃないですよ~。私は当時、ほとんどパンツスーツだったので。)

やはり女性としては、どんなに精神状態が苦しくても、「太る」という副作用が出てしまったら、処方を変えてください、という言葉が出てしまいます。
女の最後の見栄、みたいなものだと思うのですが・・・。

今のところ、私は逆に「太らない」方に作用しているようなので(その代わり、ほぼ6キロほどの減量になってしまいました。激やせです)、そこは安心してるのですが、でも本当に、あの、いきなりぶわっと太った状態になってしまった時には目の前が真っ暗になりました。

でも!
ネットサーフィンをしていたら、今はこんな画期的な商品があるんですね。
これをあの当時知っていれば・・・と、思わず舌を鳴らしてしまいそうです(><)

着ているだけで痩せる。
となると、私たち精神疾患患者は一番「パジャマ」に向いているんじゃないでしょうか?
勿論日中も着ててもいいんですが、どうしても寝る時間の多い(寝てはいなくても、起き上がって何かする気力はない)状態だと、パジャマの上に何かを羽織って生活している人も多いかと思います。

ちょっと、こちらのリンクから見てみてください。

http://dog.weball.jp/t-shirt/?ad=dp8CEXx11219dt

これ、すごくないですか?
痩せる+リラックス効果、となると、私たちに一番欠けている「リラックス」までおまけについてくる、という感じです。
しかも普通、こういった「効果ありTシャツ」とかだと、デザインがかっこ悪くて、「うーん、下着代わりにシャツの下に着るしかないなぁ」という感じなんですが、別に、そこまでひどいデザインでもない。
今は冬だから無理ですが、夏場だったらこのままちょっとコンビニまで、とかなら行けると思います。

そして冷え性の私としては、「遠赤外線効果」がひっじょーに気になります。苦笑
お風呂に入ってから、寝るまでの時間が長い私。
結局、折角お風呂に入ったのに、体が冷え切ってしまうんですね。コタツやエアコンは使ってるんですが・・・。
これをパジャマの下に着ておけば、冷えないで済むかな?と思っています。

薬は必要、でも副作用で太るのが怖い、という方、ちょっと目を通してみてくださいね。
皆様のお役に立てると嬉しいです。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

ああ、クリスマスなのか

そうかー世の中この三連休(三連休ということも最近気づいた)がクリスマスなんだなーと、今更ながらに思った。
今は、私は土日関係なく、毎日家で仕事をしている。
休職期間はどうなった?
養生するってのはどこに行った?
という感じだが、とにかく傷病手当金がないのだから、自力で稼いで食べていくしかない。

ということで、私にはクリスマスも何も関係なく、仕事である。笑

手当たり次第にアンケートサイトに申込み(一つアンケートサイトに申し込んだら、芋づる式に他のサイトの紹介、または他のサイトに登録することでポイントがもらえるので、どんどん増えていくのだ)、それに答えてるだけでもなかなか時間がかかる。
でも、千里の道も一歩から、という気持ちで私は何とか頑張っている。

その気持ちを支えてくれるのは、二匹の猫だ。
猫が私をじっと見てくれる目。
信じている目。
おかーちゃんはちゃんとご飯をくれる、ナデナデしてくれる、と信じている目。

動物には言葉は通じない。
「おかーちゃんは今お金がないから、ご飯ないんだよ」とは言えない。
自分は食べなくても、猫たちには食べさせなくては!!!という一心である。

三毛猫の方がもれなく膝の上にいるので、今度は右足が痛くなってきました。
こないだ、松葉杖になった時の鎮痛剤湿布が残っていたので、湿布を貼って頑張っています。

皆さんは、どんなクリスマスを過ごしているのでしょうか。
クリスマスくらいはお休みすれば、という人も多いと思います。
でも、どうせ一人でいるんだから、休んでいても、仕事をしていても変わりはないわけなんですね。
それなら、少しでも未来につながるように、前に進んでいた方が、まだ気持ちが安定するような気がします。

皆さんの中で、もやもやした気分のまま、悔しいクリスマスを送っている人がいたら、連絡してください。笑
ツイッターでDMくれてもいいですし。
スカイプやってる方がいたら、「つらいもの同士で励まし合うクリスマスチャット大会」でも開きましょう!!
DMくれたら、スカイプIDご連絡します。

皆さんの三連休、そしてクリスマスが素敵なものになりますように。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

胸が痛い

本格的に、ちょっとヤバイかな、と思っていることがある。
それは、「固形物を食べると胸が痛い」という時があるということ。
朝が一番多いので、まだ食道が固い?のかな、とか思うが、これが腫瘍なんかだったら、ちょっとヤバイ。
物を飲み込むこと自体がつらいこともあるし、飲んだ後に痛みが走ることもある。
・・・うーん、困ったなぁ・・・。

そして、今悩んでいるのは、お正月に実家に戻るか否か、ということだ。
家族に対しての引け目があるのもあるのだが、友達に激やせしてね・・・・余計に心配かけちゃうかと思うと、どうしようかと思って、と話してから今の写真を送ったら、「絶句・・・ここまでとは」と。

やっぱり通常体重から8キロほど減ってる状態って、見た目でもはっきり分かるんだよね・・・
頬なんてないもんね。げっそり。
服も全部だぼだぼ。
こないだはタイトスカートのスーツを久しぶりに着たら、なんとすとんと床に落ちてしまった。
腰骨も、もう骨だけになってるってことね・・・と思ったら、涙が出てきた。

そりゃ、お金がないから食べてない、という部分もある。
でも、この痛みのせいで食べられない、というのもある。

この痛みを追求したら、おそらく入院。
少なくとも検査入院。
じゃあその間猫はどうする?と思ったら、なかなか病院に行くことが出来ない。
大体どんな検査をされるかは分かっているから、「病院が怖くて行けない」わけではないのだ。
でも、治療費、そして万が一入院となった時のペットホテル代。
それはもうねん出できない。

さてと、私は本格的に「命を賭けて」今の勝負に挑んでるのかもしれないな。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

アビリファイ、効いてるのか?

アビリファイを飲み始めてから、夜中の途中覚醒はなくなった。
パニックを起こして飛び起きたり、悪夢に飛び起きたりすることはなくなった。

でも、飲んでから寝付くまでの不安感が結構きつい。
ネコを抱きしめて、その体温を感じていても、なんというか、すごく不安なのだ。
人恋しいということなのかもしれないが、「一人だ・・・」ということをすごく感じてしまう。
これも副作用の一つなのだろうか???

アビリファイの副作用で一番心配していたアカシジア(じっとしていられない)は、まだ一応出ていない。
これはほっとしたんだけど・・・。
昨日も、不安感が強くて、誰かの声を聴きたくて、夜型の生活をしているのが分かっている友達に電話をしてしまった。
やっと眠気が来た頃に電話を切って、それからYouTubeをかけっぱなしにして眠った。

この不安感とはどうやって戦えばいいんだろうか?
抱き枕とか、効果あるかな??

そして、この不安感はどこから来るのだろう。
真夜中の、寝付くまでの不安は何とも形容のしがたいものだ。具体的な形になっていなくて、ぼんやりと、何かがこみあげてくる。
これは、例えば「お金がない」とか、「具合が悪い」とか、そういうのとかとも違うし、「私の人生どうなるんだろう」とか、そんな感じでもない。
ただひたすら真っ黒い不安感が心の奥底から湧き上がってくる感じだ。

一人でいることから来る不安なのだろうか。
例えば、伴侶がいる人は、この不安感はないのだろうか。
抱きつける相手がいる人は、こうは思わないのだろうか。

是非、アビリファイを服用している人で、この「不安感」を感じる人がいたら、お話ししてみたいのでコメントもらいたいです・・・。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

私は、与える人、らしい

昨日、あまりにも一人ぼっちの作業に疲れ果てて、真夜中の新宿で飲んできた。
といっても、普通のバーです。(笑)
知り合いがやっているバーなので、気楽に入れるし、お客さんとも話もできるし、バーテンさんも仲良しだし。

そこでたわいもないことを話しながら、カクテルの本を見て「これ、作れるー?」とかやってたんですが、ふと、一緒に話していたお客さんが、「あなたってすごい。なんか、することが一つ一つ感動する」って言い出したんですね。

で、私は当然「?????」になったんですが、バーテンさんもうんうんと頷いている。
「なんで?」
と聞いたら、ついさっきまで来ていたお客さんで、私の仲良しの人が誕生日すぎちゃったー、というので、その場でiPhoneで検索して彼の母国語の韓国語で「Happy birthday to you」を歌ったんです。
カラオケも入ってるバーなので、音楽なしで、マイク使って。
彼はあまり韓国人であることを話さないけれど、私が韓国に親友がいるから、結構行ってる、という話とかしていて、それで心を開いてくれてたみたいなんですね。
だから私たちの間では韓国ネタはお決まりのおしゃべりだったりしてたんですが・・・。

どうも、私は携帯の画面を見ながら歌っていたので気づかなかったんですが、彼、ちょっと泣いてたようなんです。
小声で、一緒に来ていた彼女に「すごく嬉しい・・・・日本でこんなことしてくれた人、いなかった」と言っていたようでした。

私としては、突然バースデーだったと聞いたので、あープレゼントもお花も、ケーキもないなぁ、どうしよっかな、あ、じゃあ歌でもプレゼント、と思って検索したらちょうど出てきたので、それで歌っただけなんですが。

感動する、と言ってくれた女の子とバーテンさんに、彼らが帰ってから「どういうこと?」と聞いたら、「あなたは、すごく自然に、すごく心打つことをしてる。それを意識してないから、なおさらすごい」と言われました。

私は、携帯で調べて歌っただけ。
まぁ、バーにいる間にバーの内装でちょっと気になるところを直してあげたり(暗いし、男の人ってやっぱりそこまで細かくないのでクッションのほつれとか、気づかないんですね)、後はオーナーのベストのボタンが取れた、となったらお酒飲みながらチクチク縫ってたり。←これは実はすごく大変。バーのあの暗さの中で、針に糸を通すのは至難の業です。

そんなことくらいしか、してないんです。
人生相談聞いたりもしたことあるけど、何だか、みんな私と話した後ってすごく元気になって帰るんですね。
なんていうんだろう、異様にポジティブになって帰るんです。

オーナーは、初めて持ったバーなので、水商売はやっぱり盛り塩した方がいいよ、とかも知らなくて、ネットで売ってるよ~と教えて、設置した翌日からバーは連日満員だったらしいし。
こういうお酒があって、面白いから入れてみれば?と言ってオーナーが入れたら、それがえらく好評だったりとか。

私、そんな大変なことなんて、何一つしてないんです。
唯一大変なのは暗がりでも針仕事くらいで。笑←老眼って言うな。爆

これ、何なんでしょうね?

自分は思いっきり鬱で、薬飲まないとやってられなくて、1日に10種類以上の薬を飲んでる。
なのに私と話した人は、ポジティブになっていく。
もしかしてパワー吸い取られてる???とかも考えてしまった、変な一日でした。笑



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

何故エビリファイ?

とりあえず、先週病院に行ってから、新しい薬、エビリファイを飲んでいる。
しかし、何故今の私にエビリファイが処方されたのかが、今一つ分からない・・・。
どちらかというと、統合失調症に処方される薬なんだけどな・・・。

調べると、「抑うつ状態に対し、抗うつ薬があまり有効でない場合、少量のアリピプラゾールを加えることによって抗うつ効果を増強させることができる症例も報告され、実際の医療現場でも応用されている。」とあるから、この効果を狙って処方されたのか??

飲み始めてから、日中、一度必ず眠気が来るのは変わらないが、夜中にパニックを起こして飛び起きるのは収まったようだ。
飲んでからは、ちゃんと朝まで寝ている。
それまでは夜中にほぼ1~2回、自分がどこにいるか分からず、混乱してパニックを起こして飛び起き、家の中を徘徊し、猫を探して抱きしめ、間取りなどをよーーーーーーーーーく見て、「自分の家だ・・・」ということを確認していた。
それをかなり臨床心理士の方が心配していたから、夜中の中途覚醒+パニックというのは、やっぱりかなり危険信号だったのだろうか。

まぁ、普通に考えても、「パニックを起こして飛び起きる」ということは、熟睡出来てない、安眠出来てないってことだものね・・・・。
そりゃそーか。

休職という名ばかりの休職で、頭の中はお金の算段ばかり。
全然「気持ちが休まってない」「養生出来てない」状態なのだから、熟睡できなくても仕方ないか、と思っていたのだけど。

今月もとりあえずローンは払える。生命保険も大丈夫だと思う。
さて、問題は来月だな。
頑張るぞ。











にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

ロレンスよ、永遠に・・・・

今日は、全く違うことを書きたいと思う。

映画、「アラビアのロレンス」で主役ロレンスを演じたピーター・オトゥールが死去した・・・。
享年81歳。

一度でも映画を見たことがある人ならば、あの純白のアラブ服に身を包み、そして「真っ青な透き通る」青い目をしたオトゥールの存在感、その眼の色にドキッとし、何故か「見てはいけないものを見てしまった」ような気恥しさを覚え、そしてぐんぐんと映画に引き込まれていった感覚が分かってもらえるかもしれない。

私は、個人的に本物のロレンスの大ファンでもある。
そして、そのロレンスを演じきった、ピーター・オトゥールの大ファンでもある。

二重の意味での悲しみを、今私は噛みしめている。

そして、案外知られていないことだが、文献ではロレンスはおそらく躁うつ病ではなかったのか、少なくともかなりの「鬱状態」に入っていたと所見されている。
貴族の私生児として生まれ、恐ろしいほどの明晰な頭脳を持ち(これも病気のせいではなかったのか、という説がある。記憶力の良さは、一種「レインマン」のような「異常」なものだったようだ)、歴史家でありながらいつの間にか「アラブ独立戦争」の最前線に立たされ、そして突然、ダマスカスの勝利の後に逃げるようにイギリスに帰国したロレンス。
イギリスに帰ってからも政治的活動は行っていたが、同時にかなりの奇癖を持ち、ほとんど友人もいなく、自分の名前すら変え、家族から逃げるように、友人から逃げるようにして陸軍に入り、しかも将校でもなんでもなく、ただの兵士として軍役をまっとうしたロレンス。

私は、一人でイギリスに行った時に、まずはオックスフォードで彼が過ごした学校、大学、教鞭をとった大学、とすべてのカレッジを回り、そして彼が最後を過ごしたというドーセット州モートンまで行って、彼の住んでいたコテージ、ボヴィントンキャンプ、お墓、そしてお葬式が行われたという小さな小さな教会まで行ってきた。

そこは、すべてが「静かで、音がなく、でもすごく寂しくて、ただただ自然の感触だけが味わえる」場所だった。

彼の最後の住処は、自分の業績とか、成果とか、そんなこととは全く関係なく、隠れるように過ごせる場所だったのだ。
私が駅でタクシーの運転手さんに「日本から、ロレンスゆかりの地を訪ねに来たから、今日チャーターさせてくれないか」と交渉した時に、そういった客もいることはいるようだったが、「日本から女性が一人で」というところで非常に驚かれ、運転手さんはとても親切に、私があると思っていなかった「ロレンスが最後バイク事故を起こした場所、と言われている石碑」まで連れて行ってくれ、なかなか見れないボヴィントンキャンプが一望できるところまで連れて行ってくれ、そして、お葬式をあげた教会が閉まっていたら、わざわざ町の管理人のところにまで行って「この子は日本から、私たちのロレンスのために来てくれたんだ」と、教会を開けて、私を一人で中に入れ、気が済むまで一人でお祈りをさせてくれた。

私は、ロレンスに共感してやまないのだ。
彼の生き方。
彼の寂しさ。
彼と同じくアラビアを愛し、彼と同じく幼い頃から病を持ち、そしておそらく、彼と同じく「逃げるような」人生を送るだろう、という予感のある私。

私は、お墓にはロレンスが好きだったという真っ赤なバラを持って行った。
そして、私が持っているアラビアン・ナイフの形をしたペンダントをして行った。
そのペンダントを握りしめながら、彼のアラブ服を着た生前の姿である墓所で、実際に手を触れ(すごい田舎なので、全くガードをしてないのだ)、私は祈りながら、泣いていた。

どんなにかつらい人生だったろう。
どんなにか寂しい、理解されない人生だったろう。
いっそ、ダマスカス陥落の時に戦死していた方が、彼は満足だったのではないだろうか。
(彼の兄弟のうち確か2人は第二次世界大戦で実際に死亡している。)

笑顔の、楽しそうな顔のロレンスの写真、というものは残っていない。
そして私の手元には、教会の管理人さんが「特別に」とコピーをくれた彼の出生証明書と遺書があるが、遺書には当時生存していた彼の弟の名前は入っていない。(遺産は兄弟には渡さなかったようだ。)

トーマス・エドワード・ローレンス。
最後の名前はT.E.ショー。
あなたは、精神疾患を抱えたまま、誰からも助けられず、しかも自分が助けてばかりで、期待ばかりされ、どんなにかつらかったことだろう。
アラブの春では、もちろん幸せも感じたかもしれない。
アカバ陥落。ダマスカスの勝利。
アラビア語には「L」の発音がないので、ロレンスは「オレンス」になる。その「オレンス」のシュプレヒコールが響く中、彼はやっと「生きている」ことを実感できたのかもしれない。
でも、その後、一人っきりになった時、彼は何を考えたのだろうか。
何故、逃げ出すようにイギリスに戻ったのか。
何故、その名声や地位をそのまま享受し、普通の人生を送らなかったのか。

これはすべて「そうできなかったから」ではないのだろうか・・・・。
生涯独身だったロレンス。
そしてそのロレンスの、危うさ、危なっかしさ、エネルギー、その眼で射抜かれたような気分になる気迫。
それを演じきったピーター・オトゥール。

私は、今日は二人の冥福を祈り、アラビアン・ナイフのペンダントをして過ごそうと思う。
ピーター・オトゥール。
あなたのおかげで、あの映画は「恐ろしいほどの名作」になり、「ロレンス」を伝えるものになりました。
あなたの存在がなければ、アラビアのロレンス、という存在はこんなに知れ渡らなかったはずです。
有難う。
後は、天国で本物のロレンスと是非会ってみてほしいな、と思うばかりです。

ご冥福を・・・・・・・・。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

望年会<誤字ではありません

昨日は、参加しているコミュニティの「望年会」に行ってきました。
今年を振り返り、そして来年に希望を託す。来年の自分の成長を自分自身に約束する。
そんな素敵なパーティでした。

実は寸前まで、体調が優れなかったので欠席しようか、どうしようかと悩んでいました。
でも、「体のことばかり言っていたら、前に進めない。チャンスを逃すかもしれない」と思って、万が一帰りがつらかったら・・・とタクシー代は用意して出かけました。

でも!
会場に行ってみたら、「やってやるぞー!!!!夢を叶えるんだ!!」というパワーにあふれた女性・女性・女性!!
実は昨日のコミュニティは「女性のための」コミュニティだったんです。
サラリーマンをしながらの方、主婦の方、いろんな方がいました。
いろんな方と名刺交換させて頂いて、自己紹介では「もう私はがけっぷちで後ろはありません。前に進むしか出来ないので、応援お願いします!」と言ったところ、大きな拍手を頂きました。

実際、休職中、病気持ち、傷病手当金なし、家族なし、の私は「本当にがけっぷち」。
今はやれることをとことんやって、とにかく収入を作らないことには、病院すらいけない。いや、食べていくことも出来ない。

会社は古式ゆかしく「兵糧攻め」をしてきているわけです。
退社しないことには、生活保護すら申請出来ないわけですから、それを知っていての放置ですからね。

でも、私は負けたくありません。
自分の病気にも、自分の状況にも。

そして、女性が集まっている会、ということもあり、「人の話を聞くことが得意です」とか「カウンセラーになりたい」とか、「ヒーリングが出来るような場所を作りたい」という方がすごく多く、いろんな方とそういった話をしてきました。

そして、とある方が教えてくれた言葉を、今日は皆さんにもお伝えしたいと思います。

あなたはとっても頑張ってる。苦しくてベッドで寝ているだけでも、そこから逃げずに自殺とかしてない時点で、寝てるだけでも、生きてるだけでも頑張ってる。だから、毎日そんな自分を褒めてあげて。どんな小さなことでもいいから。「今日は自殺しなかったね。頑張ったね、よくやったね、私」と。そして、自分の心と一緒に頑張ってくれている体に声をかけてあげて。痛いところがあったら、例えば足。「今日も有難う」と。お風呂に入っている時にでも、足や肩、腕、心臓など、自分が症状を持っているところをナデナデして、有難う、と言ってあげて。と。

何だか、そういってもらったことで、すーっと自分の肩の力が抜けたような気がしました。
そうか。
病気でつらくて、寝込んじゃってる時、罪悪感でいっぱいだったけど、でも私は「二度目の自殺未遂」はまだやってない。
私、えらかったんだな。頑張ってたんだな。すごいぞ、自分。と。

皆もそんな風に、自分をほめてあげて、そして自分の体に有難う、と言ってみてください。
騙されたと思って(笑)



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

苦難、という幸せ

私のブログを、リアル友も見てくれているんですが、昨日友達の一人から連絡が入りました。
彼女は、病気で片耳が聞こえません。
聴覚が追いつかないので、働いたり、ずっとPCを見ていたりすることも出来ません。
LINEのダウンロードも、友達で集まった時に私が設定してあげたもんです。

それでも、彼女も身障者にはなれないし、何の保証もありません。
ご結婚されているから生活できているけれど、万が一、を考えるとぞっとする・・・と言っていました。

そう、精神疾患も「認められにくい」病気ですが、別にこの状況は精神疾患にだけ該当するわけじゃないんですよね。
前に障害者認定の基準をブログであげたことがありますが、聴覚に関しては、「両耳での」計測になるので、おそらく彼女は聞こえている方の耳の聴覚があるために、障害者枠に入らなかったのだと思われます。

片耳が聞こえない、片目が見えない(もしくはない)、片手が動かない・・・こういった人でも、「障害者」枠に入れないために、必死で自活して苦労している人たちがたくさん、世の中にはいるんだな、と彼女からのメールを見ながら、しみじみと思いました。
はた目には、全く彼女がそんなハンデを持っているとは思えないほど、普通です。
むしろ美人でとても健康的に見えます。
でも、彼女のハンデは実はすごく大きい。
聞こえない方の耳の側に私が座ってしまったりすると、おそらく会話を聞き取るのが必死になっているでしょう。
・・・私の誕生日に集まってくれた時、そこまで考えずに席を決めてしまった自分が恥ずかしい、と感じました。

「生きる」って、すごく大変なことなんだ。
誰しも全く苦労のない人生なんて、ないんだ。
というか、「全く苦労のない人生」を送っている人は、「生きている」という素晴らしさを実感することが、逆に出来ないわけですよね。
それも、ある意味不幸せだな・・・とも思います。

ちょっと宗教がかりますが、苦労する人間は、「乗り越えられる」と神様が認めた人だから「苦難」を与えられるのだ、とキリスト教では言われます。
また、日本でも昔は、障害を持って生まれてきた赤ちゃんは「仏子」と呼ばれ、「仏様から選ばれた人」とみなされていました。
皆さんは、そんなことを知っていたでしょうか。

私は今、確かに苦労に直面しています。
でも、沢山の人に支えられ、励まされ、何とかかんとか生きています。
この苦難の2013年、そしておそらく2014年、これを乗り越えた時、私は少しは器が大きくなれるのかな・・・と、膝に猫をのせて、ぐるぐるという喉をならす声を聴きながら、考えています。

懐は寒いですが、猫はあったかいです。
これだけでも、今は幸せ。

ふと、幸せを感じる瞬間

ふと、幸せを感じる瞬間
価格:1,050円(税込、送料別)



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

ネットが出来る間に、自分で自分を守る手段を作ろう

さて、昨日は「一番簡単に」少額のお金を生み出していくものとして、いろんなアンケートサイトをご案内しました。
私のブログを読んでくださっている精神疾患の方、まだ、あなたは「ネットを使う」という行為が出来ている状態です。
今のうちに、もっと症状が進んで、新しいことを学んだりするのが苦痛にならないうちに、「何となく」でも作業をし、お金を作る方法を身につけておきたいとは思わないでしょうか。

今、あなたの目の前にあるPC。
グーグルでもなんでもいいです。そこで「ネット起業家」という言葉を検索してください。
20歳そこそこの、社会経験もほとんどない、たまたま「生まれた時からパソコンというものがあった」というだけの若者たちが年間で1億ものお金を生み出している情報が出てくると思います。
(ただし、彼らの甘言には乗らない方がいいです。彼らは社会経験がありません。つまりは、苦労を知らないのです。)

ただ、彼らの無料メルマガに登録し、「世の中にはこういった方法があるんだ」ということを知るのは、悪いことではないと思います。
私は、精神疾患にかかるほど「今まで頑張ってきた」あなたたちなら、すぐに「彼らの手法の落とし穴」「精神面の落とし穴」に気づくと思います。
私も、気づきました。

私も多数の無料メルマガを読んできました。
そして、ふと気づいたのが、「この人たちが言ってることが本当なら、彼らは3.11の時には既に少なくとも数千万の年収はあったはず」ということに気づき、全員にメールを送りました。
「あなたは、3.11の時に何をしましたか?」と。
翌日から、10通以上届いていたメルマガは2つに減りました。
これは何を意味するでしょう?
「ネット起業家で、稼ぐことの苦労を知らない人は、そのお金を社会に還元させることも知らない。自分さえお金持ちであればいい、と思っている」
ということだと、私は認識しました。

そして残った2人のメルマガ。
そのお二人は返事を下さいました。「いくら募金しました」とか「当時はまだ僕も借金があったので、大口の募金までは出来ませんでしたが、コンビニの買い物のおつりは募金箱に入れてました」と。
本当かどうかは分かりません。
でも、「速攻メルマガ解除」しなかったお二人のメルマガは、今も購読しています。

ネットだけで稼ぐには、やはりテクニックは必要ですし、その手順なども必要になってきます。
だからメルマガ購読には意味があると思っています。無料のものがあれば、どんどん購読していってみましょう。
ただ、そこで「じゃあここからはお金を払ってください」となった時に、本当に価値があるのか、よく考えてみてください。

と、ここまでお話をしてきましたが、私はもっと「安全に」皆さんにおうちで少しでも稼いでもらいたいと思っているので、これからそういったものをご紹介していきます。
ただし、この中でも金融関係(FXなどですね)は、やはりお金を動かしますので、口座開設してから最初にお金を口座に入れないといけません。
そこは、ご自分の家計が破たんしない額、でいいと思います。
私もFXで少額ながら稼いでいますが、最初に入れた額は10万円。
そこから一度もお金は足していないです。

精神疾患で自宅にいる人の一番の利点は、「時間がある」ということです。
寝たい時は寝てください。疲れている時は寝ましょう。起きている時で、調子がいい時にトレーダー画面を見ていればいいだけです。
1週間くらい、為替などの値動きを見ていれば、波があることが分かってきますので、「こういうタイミングで買っておけばいいんだな」とか「こういう時に売ればいいんだな」ということが分かってくると思います。
ぼーっとトレーダー画面を見ているだけでも、だんだんと分かってきます。
何故でしょう?
だって、私たちは実際に社会に出て、働いていたんです。
どんな職業についていた人でも、為替、株価が毎日動いていることは当たり前のように知っているし、日経株価平均なんて言葉も知っています。
私たちが今まで、働いてきて自然に得てきていた知識、これがこれから、あなたを助けるセイフティネットになっていきます。

では、紹介を始めます。




こちらは、FXの自動売買ツールになります。




こちらは、「自分で売買してみたい」という方に読んでいただきたいものです。
負けてお金を流してしまわないように、勉強したい、という方向けです。


もっとご紹介したかったのですが、まだ申請許可が下りてないので、下りたらまた他のものもご紹介します。

そして私が使っていただきたいのが、「自己アフィリエイト」です。
これは、まずパソコンで「自己アフィリエイト」と検索してみてください。
あなたは、例えば「プリンターが壊れちゃった」というような時に、お金を払って業者に引き取りに来てもらっていませんか?
「お歳暮を贈らないと」という時に、デパートで買っていませんか?

自己アフィリエイトとは、そういう時に自己アフィリエイトOKのものを探して、「いったんお金は払うけど、翌月にある程度のお金が戻ってくる」という仕組みです。
つまり、お金を払ったまま、流したままで済まさない方法です。
どうしても払わないといけないもの、色々ありますよね。
それを自己アフィリエイトで出来れば、100%ではないとしても、いくらかはお金が返ってきます。
使わない手はないです。自己アフィリエイトが出来るサイトはたくさんありますので、探してみてください。
ここにサイト名を書いてしまうのはまずいかと思うので、もし「おすすめあったら教えてください」というのであれば、ツイッターからDMください。
ご連絡させて頂きます。

今、私がこうして流している情報が、少しでも皆さんのためになるとすごく嬉しいです。
「こういうものはありませんか?」とか、そういうこともありましたら、DMください。
あ、ツイッター経由でなくこのブログを見て下さっている方、私のツイッターIDはMikuNatsukiです。フォローしてもらえたら、フォロバしますので、DMが送れるようになりますので、ご連絡ください。

また、有益な情報がありましたら、ご案内させてもらいますね!!

最後に、もう一度だけ、私は自分の気持ちを吐露させてもらいたいと思います。
私たち、精神疾患を持っているものは、社会的弱者ではない。これまで苦労をして、頑張って、耐えてきたからこそ罹患しただけなのだ、と。
私は、自分が弱者と思いたくないんです。
私はこれまで、いろんな苦労をしてきました。その積み重ねで、人よりも経験値があることも少しはあると信じたいんです。だから、皆さんにも諦めてほしくない。
勿論、障害年金、生活保護、もらえるならもらってください。
その間に勉強してしまえばいいだけです。
私たちには、時間という強い武器があるのですから(^^)



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

社会福祉なんて、あてにならない

今日は、ちょっと強気のブログになります。
何故かというと、私も含め、私の読者さんの中にも社会福祉対象にならず、今実際にお金が必要だ、という人がいるからです。
また、これは現在障害者年金や手帳、生活保護を受けている方にも該当します。

何故なら、福祉なんて、国会の審議一つでなくなるものだからです。
今、受給出来て何とか生活できているから(贅沢は出来ないにしろ)、と安心していたとしても、そういった社会福祉が地方財政、また国の財政をすごく圧迫しているのも事実です。
いつ、「打ち切り」という判断が下されるかは、誰にもわかりません。

秘密保護法案にしてもそうですが、今、日本という国は「個人を守るより、国を守る」という政策に変換しつつあります。
徴兵制まで出てきています。
つまりは、「大東亜戦争前」の日本に戻りつつある、と思って覚悟していてもいいかと私は思っています。

大東亜戦争以前、生活保護があったでしょうか。
障害者年金があったでしょうか。障害者手帳があったでしょうか。

「自分で生き延びられない者は、そこまで」

だったんです。

それに加え、精神病は目に見えません。たとえあなたがパニックを起こし泣こうが喚こうが、座り込んで動けなくなろうが、万が一徴兵制に引っかかる年齢だったとしたら、殴られ、蹴られ、罰則として独立房に入れられ、という現実が待っているだけです。
「僕にはできません!!」
が通用するのは、実際に腕が欠損している人、腕の神経をやられていて、引き金を引けない人。それくらいです。
引き金が引ける体を持っている限りは、徴兵されます。
そんな時代が、すぐそこまで来ている可能性はあります。

そんな時に、あなたは「社会保障」「社会福祉」というものだけを自分が生きるセイフティネットとして持ち続けますか?
ある意味、そんなもの、議会で「全部これからなしね」と決まってしまったら、突然綱渡りの下の網がなくなってしまうんです。
そんな不確かなものを、これからも信じ続けますか?

私は、現在休職中ですが、何度も皆さんにお伝えしているように、傷病手当金は一切出ていません。
10日にボーナスは入りましたが(前の半年間分)、休職中の諸手当が全てひかれた状態だったので、通常の半額にも至りませんでした。
それでも、私はまだ会社に籍を置いていますので、生活保護の申請はもちろんできません。(復職しろと言われるだけですし、また、申請した時点で解雇される可能性もあります。)
自立支援も、昨年度の年収の高さで無理のようです。
つまり、私は「社会福祉保護」の対象にはならないのです。

なので私は、療養中ではありますが、名ばかり療養で、毎日とにかく何とかして100円でも、いや1円でも多くお金を稼ぐことを考えています。
自宅で、パソコンだけで稼ぐ方法は案外あるものです。
あなたが、現状に不安を感じていて、ただひたすら役所の返事を待っているだけなのなら、まだ自分でPCを扱えるのなら、私はあなたにもチャレンジしてもらいたいのです。
私がやっているほどの時間を費やさなくてもいいと思います。
はっきり言って私は、今どえらいことを考えていますので、寝てる間以外はずっと仕事をしています。
でも、本来の療養になっていないため、病状は悪化しています。
ですから、そこまでは皆さんに負担をかけないで、それでも少しずつ収入を増やす、というセイフティネットを増やして頂きたいのです。

これから、いろんなものをご紹介します。
詳しい説明はここには書きません。ご紹介はしますので、不明な点がありましたら、ツイッターのDMで私までご連絡ください。スカイプを使われている方には、スカイプでもお返事します。

では、行きます。

一番簡単なもの・ポイントサイト系





















ポイントサイトにもいろいろありますが、アンケートだけでなく、毎日のクイズやすごろく、そして高ポイントゲットできる本アンケートに進めた場合は、かなり行きます。
私はこれ以上のアンケートサイトに登録しているので、パソコンを開くと、100通くらいメールが来ています。
でも、それをすべてこなすことで、今、毎月2万くらいには到達しています。

明日は、ちょっと難易度と最初の資金力が必要になりますが、自動売買系をご紹介します。
まずは、上のアンケートサイトに登録してみてください。
その日のうちから、アンケートが届き始めます。
だんだんと、「稼げるコツ」も見つかってきます。
無料モニターなどがあったら、ガンガン申し込んでください。

あなたを生かすのは、あなた自身です!



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

あれれ?薬が・・・

昨日は通院日。
先生に「一日最低一回、多い時は午前午後で二回、動けなくなってパニックを起こして寝込む」ということをお話したら、薬が増えました。

私は薬局で待っている間に、増えた薬を調べるのが習慣なんですが、今回はあれ?と。
というのも、どちらかというと統合失調症に効く薬・・・・。
うつ病にも確かに処方されるようだけれど、うつ病に処方されるのはかなり稀な状況のようです。

口コミを見ていても、殆どが統合失調症の方・・・。
うーん、これはちょっと飲みながら、自分の体調をしっかり観察しておいた方がいいのかもしれないです。
薬が合うか合わないか、こればかりは自分の体しか知らないことなので・・・。

しかし、ここで何故統合失調症の薬が出たんだろう??
副作用で不眠があるんだけど、大丈夫なのかな??
不眠、強くなったりしないよな・・・。

今は会社と全面戦争に入ったばかりなので、今転院するのはカルテの履歴が途絶えてしまうので不利益。
でも、何だか本当に「薬漬け」になってきた気がしなくもないので、全面戦争が終わったら、転院も考えてみないといけないかな。
薬は、必要だけど、必要以上には飲みたくない。
そこにあると飲んでしまう。
ついつい頼ってしまう。

でも、私は自分の体が持っている「自然治癒能力」も信じている。

難しいステージに入ってきたのかな、と思った一日でした。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

週末症候群

私はどうも、今「週末症候群」にかかっているようだ<そんな病名はありません。注

つまりは、週末になると友達は皆家族サービス中なので連絡をとりづらい、そして仕事は淡々と家で一人でやっているという孤独の中。
だんだんとその孤独が重くなり、心寂しくなっていき、滅入って行ってしまう・・・というものですね。

携帯を片手に握りしめながら、「誰か連絡してくれないかな」「電話かかってこないかな」と思ってみるけれど、連絡がつくのは変な話、「気分転換しに来れば?」というホスト君だけ。
お金、ないよー。

週末の間は為替相場も動いていないので、小金稼ぎにやっているFXも出来ない。
これも結構寂しさを増長させているような気がします。
私のFXは、100円単位でもプラス反転すればすぐに売り買いしてしまう、一か月で1万いくかいかないか?というレベルのものなのですが、それでもプラス反転した時には「やった!」と嬉しくなってしまうもの。
週末は、それすらない。
今は本当にお金がないので、ドライブに行くガソリン代すら出せない。
(それくらいなら食糧買いますね)

ということで、やっと月曜日になったか・・・という感じです。

同じ一人暮らしでも、平日と週末では違うものですね。

今週は、ちょっとした動きがあるはずなので、私はちょっと用心してかかっています。
もしかしたら、この2か月くらいの間にニュースに私が映ることがあるかもしれません。笑
どうなるかは、全く想像もつかないけれど・・・。

まずは明日病院。新たな診断書をもらってこなければ。
あ、明日はボーナス日ですね。早々に会社から明細書が送られてきましたが、がっつりと経費をひかれた状態で、しょぼい金額でした。予想通り、という感じですね。
これが現代の「兵糧攻め」なのでしょう。
命を賭けた戦いです。負けるわけにはいきません。
何とか、勝利しなくては。

あ、皆さんの中でFXに興味ある方はいらっしゃらないですかね。
私は10万円の元金で始めましたが、3万円で始めたという方もいらっしゃいます。
ようはマイナスになってる時には動かさなければいい、というだけですので、小金稼ぎ+ちょっと嬉しい、がほしい人にはお勧めです(^^)





にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

落ちまくった。。。

昨日は、理由は自分で分かっていたのだが、落ちまくった日だった。
日中から体が動かず、どんよりとした思いでベッドで過ごす。

夕方からごそごそと動き始めるが、何をやってもうまく行かない。

吐き気も強く、食事をする気も起きないが、それでも空腹感はあるしエネルギーが足りてないので、少し歩いてはよろける始末。足はもう治ったみたいなんだが、それ以上に体力を消耗しているみたいだな・・・。

夜も、諦めて寝よう、とベッドに入ったはいいが、眠りたいのに眠れない、という、あの自殺未遂をやってしまった時と同じ状態。
家にお酒を置いてなくてよかった・・・。
置いてたら、絶対に飲んでしまってただろうと思う。

そしていつもなら、そんな状態なら来てくれる猫たちも、あったかさの方を選んでコタツに潜り込んでいる始末。
一人、ベッドの中で嫌な感情を抱え(主に罪悪感)、眠ることも出来ず、かといって楽しいことを考えることも出来ず、空腹のままで堪える・・・。
本当ならスープでも飲んでみればよかったのだろうが、それすら立ち上がる気力は出なかった。

泣きながら、3時くらいに眠りについたようだ。
今朝は7時前に目が覚めてしまったが、今になって、なんとなく眠気が来ている。
これを書いたら、少し寝ようかな・・・・。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

「負けた」と思うまでは「勝っている」

ネルソン・マンデラ氏が死去した。
まずは、その戦いの一生に、ご冥福を心からお祈りしたいと思う。

そして、私は今思い返すと、物心ついたころから彼は「収監」されていた。
収監期間、実に27年。
私がある程度物事が分かり、社会に出始めるかな~~という時に彼はやっと釈放された記憶がある。
27年間の収監生活・・・・
一度は釈放の道もあったようだが、「条件付き」だったために彼は釈放を拒否したのだという。おそらく、調べてはいないがその条件は、「今後一切政治に干渉しない」ようなものだったのだと、想像できる。

マンデラ氏の釈放、民主化で初めて「南アフリカ共和国」となり、「勝利」を得たのだ、と考える人も多いと思う。
実際、私もそう考えていた。
でも、そうだろうか?
「釈放」されて「大統領」になって「民主化」となったから「勝利」なのだろうか?

私は、今考えると、彼が収監されていた間でも、「負けてはいない」「屈伏してはいない」と信じ、耐え続けていた時点で、それは「勝ってはいないが、負けてもいない」という状態だったように感じる。

そう、「負けた」と思った時点で、負けるのだと。

今、世間では「勝ち組」とか「負け組」とかの言葉が流行っている。
では、何が勝ち組で、何が負け組なのか?
収入?地位?
収入があっても不幸な人はいる。地位があっても幸せを感じられない人はいる。
一方、収入がなくても小さな幸せは感じられるし、地位はなくても楽しめる人はいる。

自分自身が「幸せ」と思った時点で、「勝ち組」「勝った」と思ってもいいのではないだろうか。

勿論勝ち負けも何も関係なくてもいい。
ただ、幸せだ、と思う瞬間があれば、それでいいのではないかと。

マンデラ氏は収監されていた間、ただただ打ちひしがれていただろうか。
そうは思わない。彼のあの明晰な頭脳の中では、収監されていた間も、どうすれば国が変わるか、どうすれば人が動けるようになるのか、何を変えればいいのか、そんなことを模索していたのだろう。
そして、太陽の光に目を傷めながらも、でも、「ああ、太陽だ」と、まだ見ぬ未来をその光の中に見ていたのではないだろうか??

私たち、精神病患者は「幸せ」を感じること自体が難しい。
幸せを感じ取るレーダーが失われているような状態だからだ。
でも、だからといって「幸せではない」わけではないと思う。

私は、今、お金に困っている。無収入だ。会社を解雇されているわけではないので、生活保護にも入れないし、今までの給与水準から、自立支援も難しい。
でも、私には猫二匹と、家がある。
少ないながらも、食べるものがある。
こうしてネット越しに応援してくれる人もいる。
窓からは光が入り、夜になると星が見える。

私は、不幸だろうか?
一般的には不幸かもしれない。
外から見たら、不幸かもしれない。
でも、私には自由がある。牢獄に入っているわけではない。出かけようと思えば、ちょっと出かけることも出来る。

幸せを感じるためには、精神病を患っている以上、指折り数えるようにして「今日もご飯を食べた」とか「今日はちょっとあったかい」とか、そうやって数えてみないと幸せなんだな、と実感することは難しい。
でも時間があるのだから、指折り数えていても、別に誰も困らないわけである。
安売りのミカンが案外甘くておいしかった。
これも幸せだ。それを、見守ってくれる配偶者や、友達がいて、「このミカン、美味しいね」と言えれば、幸せは2倍になる。

幸せを見つけ、感じるのは自分自身だ。
たとえ生活保護を受けていても、朝目覚めた時に、「いいお天気だ」と思えば、それも「幸せ」だ。

マンデラ氏は釈放されてからも、収監時代と同じようにベッドメイクをするのを一日も欠かさなかったという。
それは彼自身の「あの時代を、忘れない」という戒めだったのかもしれない。
その苦しみがあったからこそ、今の自分がある。そのための習慣だったのかもしれない。

そんなことを、マンデラ氏の訃報を聞いてから考えていた。
享年97歳。合掌。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

テーマ : 社会ニュース
ジャンル : ニュース

だいぶ、痛みはなくなりました

皆さん、ご心配おかけしました。
先週から苦しめられた痛みもだいぶ回復し、腫れあがっていた(今思うと、左足親指の付け根が真っ赤でした。元に戻ってから気づきましたけど)足もだいぶよくなりました。
今日、外出前に病院によって、松葉杖を返してこようかな、と思っています。
(保証金の3000円を返してほしい~~~。笑)

ヒールの靴は当分履けそうにないので、スニーカー生活になりますが、まぁクリスマスに予定が入っているわけでもなし(笑)、これくらいはいいでしょう!!
それよりも歩けるようになってきたのが、嬉しいです。
一時は、部屋に転がっている猫のトイレ砂を踏んだだけでも悲鳴をあげてたんですからね・・・。
(あれ、いろんな意味で痛いんだ・・・・どうしてうちの子はけっ散らかして出てくるんだろう?)

今は全くの無収入なので、オークションにアマゾン出品、といろいろやっていますが、やはりなかなか食べていくだけのお金にはならないですね。
今月の10日のボーナスの入金が先にシステムに乗るか、カードの引き落としが先に乗るか・・・怖いです。
ボーナス自体も、査定を受けずに休職してしまったので、多分最低額しかもらえないだろうし。
さて、どうしようかなぁ。

今はいろんな方法で金策を考えています。
でも、頑張ってPCに張り付いてコチョコチョやっていたら、やはり普段よりはポイントなどのたまり方が早いですね。1か月で3000円とか、到達してました。
早速現金化依頼を出したけど、それが口座に入ってくるのは20日・・・。

質素、倹約で頑張ります!



なんてことを考えていたら、こんなステッカー見つけました。
ちょっとかわいいですよね。
「倹約は最上の収入」
確かに!!!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

ふとした親切

昨日、とある用事があって、電車で出かけてきました。
勿論松葉杖付です(笑)
山手線がなかなか混んでいて、寄りかかって立てるところもなかったので、座席の前に松葉杖、もう片手にはバッグをぶらさげて、という感じだったのでつり革にはつかまれなかったのですが、そんな私の方をちらちらとみている男性がいました。
やっぱり松葉杖目立つよなーと思っていたのですが、その時電車が突然急ブレーキ!!
当然私は倒れそうになりました。

そこを、席をばっと立って私のコートとバッグをつかみ、その男性は私が転倒するのを防いでくれました。
その方は座っていたのですが、すごく素早かったです。
で、「やっぱり座ってください」と席を譲ってくださいました。
ちらちら見ていたのは、「座ってください」を言うチャンスを待っていたのかな、とか思いました。
あれ、結構言い出しにくいものですものね・・・。
おかげで二重にけがをせずに済みました。
山手線で松葉杖のおばさんを助けてくれたおにいさん、有難う!

そして私は時間つぶしにコーヒー屋に入ったりしたのですが、私の松葉杖を見ると、適当なところは無視でしたが(笑)、ちゃんと教育してるんだ、というチェーン店などでは「お席までお持ちしますので」と言ってくれました。
そう、トレイが持てないんですね。両手ふさがってるから。
残念ながら私はリュックを持ってないので、ちょっとお金に余裕が出来たら、さっそくリュックを買おうと思いました。

でも残念だなぁ、というか、一番「しつけ」がされてないのっておじさんサラリーマンなんだなぁ、と昨日の外出でつくづく思ってしまいました。
時間がなくて焦っているのかもしれませんが、エスカレーターがなくて階段を一歩一歩、よいしょ、よいしょ、と歩いている私に肩からぶつかってきた方が何人もいました。
私はもちろん一番端っこを歩いてたんですが。
松葉杖で一番苦労するのが階段なんですね。これも知りませんでした。
何度ひやっとしたことか。
サラリーマンのおじ様たち、もうちょっと余裕を持った方がかっこいいですよ??

というか、ギャップがあるというか・・・転倒から助けてくれたのは、まぁ私よりは年下だな、という多分30代の普通のサラリーマンのお兄さんだったんですが、他にお店や階段、改札(いちいちスイカを出さなければいけないので)で手助けしてくれたり、何も言わずに待っててくれるのがジャラジャラに銀のアクセサリーを付けた黒革ジャンにサングラスのおにーさんたちだったり、いかにもギャル系!みたいな女の子だったり・・・。ギャル系の女の子は、私が飲み終わったコーヒーのグラスを「一緒に持ってくねー」と横からすっと手を出してトレイを片づけてくれました。
後は、階段でおばあさんに「あんたも大変やなぁ。怪我?」と声をかけてもらったり・・・。
「こっちならエスカレーターあるから」と教えてくれたおばあさんもいました。(おばあさんも杖つきだったので、一緒に行きました)

怪我が治ったら、私もこうやってみよう、と思うことが多い外出でした。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

痛風じゃなかった!!

皆さん、ご心配をおかけしました!!
血液検査の結果、痛風ではありませんでした!!
てか逆に尿酸値、低いよ・・・(笑)

まだ目立った栄養失調も出ていないようで、1か所以外を除いて、後は基準値に入っていました。
その一か所が、「白血球数」です。
つまり、「どこか炎症を起こしている」というのは事実のようで、それが足の痛みの原因というか、足を打撲したから(何しろ悪夢の時の私の暴れようはすごいようですので)炎症反応が出ているのか、それは不明です。

とりあえず、痛みが引くまではロキソニン(飲む方+貼る方)と松葉杖での生活です。
少しは痛みが緩和され・・・まではいかず、昨日もお風呂で激痛が走り、転んでしまいました。
余計な打撲を作らないようにしないといけないですね。

松葉杖、やはり慣れないと使いにくいものですね・・・。
特に買い物が面倒。
女性はどうしてもバッグを持ちますが、私は右肩でしかバッグを持てない人。
右手に松葉杖をしている今の状態では、左手でバッグをぶら下げるしか方法がありません。
そして買い物のたびにお財布を出すのが大変で。
まぁ、「松葉杖」という「明らかに大変なんですぅ」アイテムがあるので、レジの人も根気よく待って下さるのが助かります。

そして冬場だというのも、案外ネックでした。
コートを着ていたりするので、松葉杖が引っかかるんですね。
これはやはり、やってみないと分からない苦労、という感じです。
私も、人生初の松葉杖ですが、経験しておいたからこそ、これからは松葉杖の人には必ず!手を貸そうと思っています。お買い物の間にお手伝いするとか・・・。

後、困っているのが足が腫れているので、靴がはけないことですね。
ブーツもだめ、パンプスはもちろんだめ、スニーカーすら入らない。
となると、スリッパとなってしまうわけなんです。
これじゃあオシャレしたり、スーツ着ても意味ないわけで・・・。

痛みが残ってても我慢するので、せめてブーツははけるようになりたいです!!



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

歩けない、という不自由さ

痛風かも、と言われ、松葉杖を借りてきたのが昨日。
でも家の中で松葉杖はやはり面倒・・・ということで、やはり松葉杖は外用、家の中はひょこたんひょこたんと歩く結果になりました。

意外なところで足が使えないって不便なんだな・・・と実感しています。
カーテンを引こうとしたときに激痛が走る。
ふと、絨毯の段差を踏んでしまって飛び上るほど痛い。
座ってからじゃないと靴下がはけない。
ゴミ箱(うちは猫がイタズラしないように、足で押して蓋が開くタイプのごみ箱です)を開けようとして、痛い方の足では押せないので、なかなかゴミ箱が開けられない・・・。

案外、日常生活が不便です。
そしてお風呂に入るのが恐怖。

今、昨日もらってきた親指に挟むのと、足裏を固定する器具をつけてるんですが、お風呂はそれを外さないといけないので、また痛い足をぺったりとつけざるを得なくて、湯船に入るときがドキドキです。

今まで整形外科のお世話になったことは・・・多分なかったと思うので、我ながら「こんなにも不自由するのか」と驚いています。
そしてたった一日で部屋が荒れました(泣)

ちょっとしたときに片づけていたことが、歩いたり立ち上がったりが億劫なので放置してしまって、チラシがたまったり郵便物がたまったり・・・。
今日は少しずつ片づけないとな。

そしてほとんど食べてない状態で、心療内科の薬を飲み、ロキソニンを飲み、ロキソニンテープを巻き、という状態が胃に来たのか(胃薬も処方されたので、飲んではいるのですが)、早朝、胃の激痛で目が覚めました。
5時とかだったのでごまかしごまかしまた寝ましたが・・・ああ、痛かった。

松葉杖自体にも慣れていないので、松葉杖使ってるくせに痛い方の足を使ってしまったりして、もう歩き方はおばーさんみたいです。
やれやれですね。
でも頑張っていくしかない!!
痛風、という結果が出ても、今は薬でも治療できるみたいだし・・・あまり厭世観に浸らないようにしないと。

そう、やれるだけやって生き抜くんだ!!



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

松葉杖生活の始まり

3日前くらいに、朝起きたら足が痛かった。
その日はなんか全体的に痛い感じだったので、寝てる間の悪夢でぶつけたかな、と思っていたのだけど、左足親指の付け根の痛みがどんどん激痛に変わっていき、そして昨日の時点では既に最寄駅から家まで帰るのに、徒歩10分ほどのところが40分かかってしまった・・・。

これは変だ!!!
と、朝から整形外科に駆け込んでみたら・・・
「もしかしたら痛風の可能性がある」と。

え?痛風って贅沢病じゃないの?私、ほとんど食べてないんですけど!?!?

でも仕方がないので採血して、明日結果が出る。
ちょっと調べてみたら、ストレスから痛風を発症する人もいるそうだ。
確かに、休職中でも傷病手当金なし、いつも頭の中はお金のことばかり、食べるものも買えなくて、何とかかんとか毎日をしのいで・・・・ストレス満載ですね。

かなり強めの鎮痛剤と、鎮痛湿布、そして固定具で足を固定され、松葉杖生活が始まりました。
明日、検査結果を聞きに行ってきます。

やれやれ。今度は痛風について調べなくちゃー。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

セミナーに行ってきました

昨日は、重い体と足の痛み(何故か昨日から左足がひどく痛みます)を引きずりながら、とあるセミナーに行ってきました。
新宿の大きな会場で、何百人規模でしょうね、大きなセミナーでした。

行ってみて、私は少しでもいろんな人とお会いしたい、と思っていたので懇親会まで参加したのですが、そこでお話をしてみて、「働けないから、可能性を求めて」という人が実に多いことに驚きました。
私も含め、皆「一見分からないけれど、実は精神病を患っている」とか、「会社を解雇された」とか、「もう持病ばかりで外で仕事するのは無理と言われたけれど、娘を大学にまで入れたいから」とか・・・。

お金を稼ぎたい=ただの金持ちになりたい、という講座ではなかったです。
お金を稼いで、子供の学費を手に入れたい、でも外ではもう働けないから、自宅で働きたい、自宅でお金を稼ぎたい、という人が何と多いことか!!
私だけじゃないんだ!!!
と、すごく元気づけられました。

講座の受講料が高かったので、私が実際にそのスクールに入るのはまだ先のことになるでしょうが、最終目的を「稼いだからこそ、社会貢献しよう」というところに目的を置いているそのスクール。
すごく興味を引きました。
そして、自分自身の境遇を嘆くのではなく、顔を上げて、「それでも進もう」という気持ちを持っている方の多さ。

私は、正直、傷病手当金が出ないことを知った時、「こんな不幸な人間もあまりいないだろう」と思っていました。
けれど、沢山いたんです。
それも、私は猫二匹ですが、お子さんを3人抱えて、とか、シングルマザーで一人娘を大学に・・・とか。
猫は食費や病院代はかかりますが、学校には行きません。
大学の学費を心配することも、将来の就職先を心配することもありません。
でも、ご家族持ちの方たちは違う。
真剣であり、かつ夢を持っている。

懇親会は大盛況で、初めて会った者同士なのにそのまま二次会に流れ、苦労話のオンパレードになるかと思いきや、「ここから這い上がってウハウハしてやる!!!」という熱気にあふれたセミナーでした。
ウハウハしてやる・・・、すごく冗談っぽくみんなで繰り返しましたけど、でも、そのウハウハは「大学にやってやれた!」とか、「子供が全員無事に成人した!」と感動するウハウハなんだな、というのが切々と伝わり・・・。

老若男女、いろんな人が「はじめまして!」の一言から、かなり突っ込んだ話までするっとしてしまう。
私も、自然と自分の病気、今全く収入がないこと、などを暴露していました。

セミナー開催者の方に「今、物販で稼ぎ始めようと思っているので、備品とか必要なものがありましたら、言ってください!問屋探します!」と名刺(急きょ作った)を渡したところ、「そうなんですか!では次回参加できるように、発注させて頂きますね!!どんなものでも大丈夫ですか?」などと、かなり突っ込んだ商品内容まで聞いてきてくれました・・・。

そう、勤務出来ない=人生の終わりではないんだ、ということを実感できた一日でした。
まだスクール受講は出来ないけれど、先生ともツーショット写真を撮らせていただいたし(笑)、何よりも「簡単に稼げますよ」というのではなく、勉強して、危なくない方法で稼いでください。そのためには何よりも勉強です。いきなり大口狙いはしないように。それなら宝くじの方が確実なくらいです」とはっきりと、「楽に稼げる方法なんてない。でも、努力さえすれば、結果は現れる」ということを言ってくれたのが、良心的だと思いました。

ちまたに流れる「楽に稼ぐ方法」・・・私はこの2か月、それに翻弄されましたが、ようやく「やはり努力の果てに成功はあるんだ」ということを認識し、「努力型」で稼ぎ始めようとしています。

よし、頑張るぞ。
猫と、家と、そして自分を守るために!!
そして将来は、子供が産めなかった自分のために、養子縁組をしたりすることが出来るように!!!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

テーマ : お金の勉強
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

Mickey

Author:Mickey
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。